ストレッチマーク 前兆

ストレッチマークの前兆を知ることで正しく予防できる!

ストレッチマーク(妊娠線)は妊娠8ヶ月頃からできる人が多いですが、太り気味の人や体の硬い人はもっと早い時期から見られる場合があります。
一度できてしまうとストレッチマーク痕を消すのは難しいので、予防をするためにストレッチマークの前兆を知っておくと良いでしょう。
妊娠中の女性はホルモンの影響で皮膚が乾燥しやすく、痒みが起こりやすい傾向があります。
皮膚が痒くなって掻き毟ってしまうと、皮膚が裂ける原因になってしまうので、妊娠線痒い場合でも掻くのは避けてください。
ストレッチマークを予防するために、専用のクリームを使用してマッサージをしたり保湿するのが効果的ですが、お値段が高いのが気になるという人も多いのではないでしょうか。
専用のものが一番好ましいですが、顔のお肌のお手入れに使用しているオールインワンゲル化粧品は、これ一つで化粧水や美容液、クリームの役割を果たしているので、使ってみるのも良いでしょう。
顔用の基礎化粧品はお肌に優しいので、ボディーにも使用できます。
入浴をする時は、お肌に優しい無添加の弱酸性の石鹸を使用して、痒みのある部分はスポンジなどで擦らずに優しく撫でるように洗いましょう。
また、妊娠4ヶ月を過ぎて安定期に入ると体重が増加しやすいので、低カロリーで栄養バランスの良い食事を心掛ける必要があります。